注意したいポイント

電話ではなく、ネットを利用して予約する場合、電話応対の時間外でも手続きが可能ですが、送信した情報を相手先がチェックし、返信された情報をこちらが確認するまでに、ある程度のタイムラグが生じてしまうことは否めません。

電話とネットの内、どちらの方法で予約をするにしても、希望する教習所は1つだけではなく、複数用意しておくか、希望する教習所のタイプを明確にしておくに越したことはありません。そのような対策を講じれば、第1希望の教習所の予約がいっぱいで締め切られていたとしても、予約センターのスタッフが、別の教習所を紹介しやすくなります。

ちなみに、合宿の予約を行なったものの、事情が変わって、参加することができなくなる可能性もあります。そのような場合には、できるだけ早くキャンセルの連絡を入れるようにすることが大切です。連絡する時期が遅くなると、キャンセルに掛かる料金が高くなる傾向にあります。

また、合宿生の受け入れには、それぞれの教習所の定員数というものがあり、何人でも可能という訳ではありません。そして、予約は先着順に受け付けられるので、自分の予約のために定員がいっぱいになり、キャンセル待ちをしている人がいるかも知れません。そういう人のためにも、なるべく早くキャンセルの連絡をしておくことが大事になります。